ご利用方法から選択業務への活用個人での利用
Home > よくあるご質問 > 圧着ハガキの種類と用途

完全内製化を可能にするハローメーカーシステム
手軽に自作!あけ太郎セット
外注・アウトソーシング
TAKE 1 小ロット対応!
圧着加工
新商品
8面はがき
圧着ハガキ豆知識 封筒印刷ならe-futou.com(イイフウトウドットコム)

日本ビジネスフォーム株式会社

圧着ハガキの種類と用途

「用途は決まっているが、どういった圧着ハガキを選んでよいか分からない!」
そんな方に「圧着ハガキの種類と用途」をまとめてみました。ぜひご覧ください。

圧着ハガキの種類

■先糊型圧着はがき

用紙に糊(接着剤)が塗布された専用紙(圧着紙)に印刷・印字したものを、圧着加工するタイプ

長所
  • 通知業務の多量生産には最も優れている
  • 自社内製化が可能
短所
  • 接着剤が塗布されているため画像は劣る
  • 用紙の有効期限がある
  • 湿度の変化により、剥離不能になる場合がある
用途
  • 多量の親展性通知業務に最適
  • 両面リンクバリアブル情報の印刷印字が可能
  • 情報漏洩防止・個人情報保護法対策として、自社一環加工が可能


■フィルム型圧着はがき 弊社対応品

普通紙に印刷・印字したものをフィルムでラミネートして、擬似圧着加工するタイプ

長所
  • 圧着面がラミネートされ画像は最も優れ、品質も安定している
  • 自社内製化が可能。
短所
  • フィルムを使用するため、多量生産の場合割高になる。
    (但し少ロット(2,000通以下)では割安)
用途
  • DMを兼ねた通知業務に最適
  • 小ロットの通知業務・少ロットのDMが対象
  • 両面リンクバリアブル情報の印刷印字が可能
  • 情報漏洩防止・個人情報保護法対策として、自社一環加工が可能


■後糊型圧着はがき

普通紙に印刷と特殊UVニス又は糊を塗布して圧着加工するタイプ

長所
  • 多量生産性に優れ、コストは割安である。
  • UVニス使用の場合の画像はフィルムタイプに次いで優れている
短所
  • 圧力・温度・湿度の変化により、剥離事故になる場合がある
  • 製品に荷重が掛かると剥離不能となる場合がある
  • 内製は不向き
用途
  • 多量の同一DMを安価に作成
  • 主に業務用(印刷会社)が対象

用途別 圧着ハガキフローチャート

■通知業務でご利用の場合

通知業務でご利用の場合

■ダイレクトメールでご利用の場合

ダイレクトメールでご利用の場合
ハローメーカー A502V-UTAKE1

通知処理業務の自社内製化シーラーマシン(卓上型)の特色


■先糊型圧着ハガキ

  • 通知業務で大量集中処理に最適
    (トップシェアー)
  • 画像が劣るため、DMには不適

ヒートロールタイプ型のプリンターのご使用時は要注意。(メーカーとのご相談をお勧めいたします。)






■フィルム型圧着ハガキ 弊社対応品

  • 通知業務とDMの併用が可能
  • 分散処理・多品種少量処理に最適
  • 小ロット処理では割安




■後糊型圧着ハガキ

  • 業務用大型圧着加工処理が主流で内製化は不可能





日本ビジネスフォーム株式会社 ご注文 お問い合わせ よくあるご質問 会社情報