ご利用方法から選択業務への活用個人での利用
Home > よくあるご質問

完全内製化を可能にするハローメーカーシステム
手軽に自作!あけ太郎セット
外注・アウトソーシング
TAKE 1 小ロット対応!
圧着加工
新商品
8面はがき
圧着ハガキ豆知識
日本ビジネスフォーム株式会社

よくあるご質問

よくあるご質問をまとめてみました。
掲載されている内容以外でのご質問も随時受け付けておりますので、ご不明な点はご連絡ください。

用途にあった「圧着はがき」がわかりません・・・
なぜ、専用紙&専用フィルム?
新しい「TAKEシステム」って?
あけ太郎セットで、指定以外のヒートローラーを使っても大丈夫?
従来の方法に比べ、メリットは?
「あけ太郎」でプリンターは何でも大丈夫?
パソコンで編集する時に便利なソフトは?

ページトップ

用途にあった「圧着はがき」がわかりません・・・
「圧着ハガキの種類と用途」のページをご覧ください。

ページトップ

なぜ、専用紙&専用フィルム?
オープンはがきシステムでは、指定の消耗品をご使用下さい。 各システムの安定した圧着加工はもとより、特許・郵政法に対する適合性を十分に配慮してあります。ご使用のプリンターによって、トナ−の種類・融着温度・フィルムの接着温度及び用紙の平滑度・透気度の相関関係上、専用紙・専用フィルムをご使用下さい。 指定用紙以外でのご使用はトラブルの元となり責任を負いかねますので ご了承下さい。

ページトップ

新しい「TAKEシステム」って?
コンビニで年賀状はがき印刷を注文する感覚で簡単に圧着葉書を活用できます。 お客様の一番合った方法で、作成・活用が可能です。


■TAKE 1 システム
お客様自身のパソコン・プリンター環境で、必要枚数を専用紙にプリントして頂き、当社にて圧着加工いたします。

ページトップ

あけ太郎セットで、指定以外のヒートローラーを使っても大丈夫?
■インクジェットプリンターでプリントした場合
ラミネート幅115mm以上の市販ラミネーター・パウチッコでも作成できます。量販店でもお求めになれます。


■レーザープリンターでプリントした場合
印字トナーの定着温度を超える温度で圧着加工すると、完成した表面(宛名面とその裏面)に印字されたトナーが溶解して汚れが発生する可能性があります。温度・速度の調整可能であるラミネーターが必要です。


■お手持ちのラミネーターをご使用の場合
事前にテスト・確認をして頂く事をお勧め致します。

ページトップ

従来の方法に比べ、メリットは?
(1)必要枚数・必要なタイミングで無駄なく圧着はがきが活用できます。
(2)小ロット・安価・短納期のオンデマンド印刷が出来ます。
(3)DTP製作の内製化により、データ管理が出来ます。
(4)住所・宛名及び両面リンク可変情報をプリントする事により、  中規模DPS(データ・プリント・サービス)事業への期待が大きい。

ページトップ

「あけ太郎」でプリンターは何でも大丈夫?
プリンターの選択は・・・
厚紙の印字できるプリンター(インクジェット・レーザープリンター・コピー機)であれば大丈夫です。昇華型プリンターではお使いできません。

ページトップ

パソコンで編集する時に便利なソフトは?
一般に販売されているソフトでは・・・
市販のラベル印刷ソフト「夢ぷりんと・シリーズ」が大変便利です。用紙への面付け・宛名住所の流し込み・デザイン編集が比較的理解しやすいフトです。特にバージョン8からは、両面の編集・流し込み設定などさらに使いやすく理解しやすいソフトとして推奨しております。推奨プリンターとの組み合わせで両面リンクバリアブル印刷がオフィス環境で実現可能となりました。操作方法や推奨プリンターについてなど、ご不明な点はメール又はTEL(03-5315-9539)でお問い合わせ下さい。
日本ビジネスフォーム株式会社 ご注文 お問い合わせ よくあるご質問 会社情報